2017年2月28日火曜日

R30スカイラインもいいなヾ(*´∀`*)ノ

車で走り回っていたら
凄いお宅を発見しました。
個人のお宅ですので写真の掲載はしませんが、
敷地が広い家で80年代の日産車が十数台おいてありました。

車種は

Z31

R31
R30でした。
U12が1台あったかな。

残念ながらどれも状態はよくなかったですね。
それで、私が気になったのはR30
R30といえば皆さんDR30。つまりRSを思い浮かべると思います(先の写真でRS載せてるんだもん(^_^;))
1台だけHR30があったのです。

HR30スカイライン


”GT”です。L型エンジンですね
後期型でした。
私はこの後期型のGTが好きですね
中学生の頃はスカイラインといえば”RS”で”GT"はローレルやセドリックにも積んでいる量産エンジンを積んだ安物だと思っていました。
でも、GTってクルマとして別にRSに劣る訳じゃないと今ならわかります。
GTが積んでいるエンジンはL型!

L型だったらL28改3.1LにすればRSなんか問題じゃないぜ!!( *`ω´)


  そういう問題じゃない
     (  ´・ω)
    γ/  γ⌒ヽ (´;ω;`)  ウッ…
    / |   、  イ(⌒    ⌒ヽ
    .l |    l   } )ヽ 、_、_, \ \
    {  |    l、 ´⌒ヽ-'巛(  / /
    .\ |    T ''' ――‐‐'^ (、_ノ
        |    |   / //  /



L型は言わずと知れた直列6気筒です。
直列6気筒は理論上1次・2次・偶力振動が0です。
それは、あくまでも理論上の話(クランクやピストンをオフセットした設計にしたり、増長な為”捻じれ”が出やすい)という方もいますが
実際に直列6気筒というエンジンは回転が滑らかでフィールがいいです。

”ツーリング魂”

まさにCMで言っている通りなんですよね
シャカリキになって走るのではなく車のフィールや道を楽しみながら走る車なんですね
こういった使い方をすればRSよりも適しています。

RSは4気筒ですし非常に荒々しいフィールですのでロングツーリングを楽しむといった車ではありません。
じゃ、RSの価値はといえば
この前期型のCMがよく表していると思います
パワー競争で勝つための車。
それはそれで当時、憧れましたし、RSは凄かった!!


R31になります”RS"はなくなり、6気筒の4バルブDOHCのRB20DETが載りパワーとフィールを両立した”GTS”が登場しました

前振りが長くなったけどロードスターも手放すし、あのHR30譲っていただけないかな?
HR30でロングツーリングに行ったら楽しいと思うんですよ

こんな曲でも聴きながらヾ(*´∀`*)ノ


0 件のコメント:

コメントを投稿