2017年2月28日火曜日

ソアラのターボって・・・・


80年代のトヨタのエンジンで、位置づけのよく分からないエンジンがあります。


M-TEU
左のヤツね

2000c 6気筒 OHC ターボ

初代のソアラに1981年7月に追加されたのが最初です

その後に、マークⅡ・チェイサー・クレスタ・クラウン・セリカXXとトヨタの6気筒モデル全車種に搭載されました。

当時は”TURBO”が大流行!!

当時のトヨタのライバル日産は1979年10月にセドリック・グロリアにL20ETの搭載したのを皮切りに
スカイライン・ローレル・ブルーバード(Z18ET)等、どんどん搭載車種を拡大させせて

”TURBOの日産”

のイメージを確立します。
それに対向してM-TEUを出したのだと思いますが
なぜ、M型をベースにしたのでしょうか?
トヨタは1980年4月に初代クレスタと共にM型に変る新世代の2000cc専用の直列6気筒エンジン1G-EUを
デビューさせています
もちろんソアラの2000ccモデルはこれを積んどる訳です。
なぜ、ターボエンジンを作るにあたって、わざわざM型をひっぱりだしてきて作ったのでしょう?
当時は、1Gは2000cc専用設計で強度に余裕がないのでM型にしたと聞いたこともります。
もしくは、トヨタ初の市販ターボですので、長く使ってきて信頼性の高いM型した。
更に、このM-TEUはMTの設定はなくATしかありませんでした。
当時は”ターボラグあるのではATとの方が相性がいい”がいいとか言われていたよう気がします。

このM-TEUデビューの13ヶ月後の1982年8月に
1Gに4バルブヘッド載せた1G-Gがデビューします。
れで、先にデビューしていた5M-Gエンジンと旧世代の2T-GEU・18R-GEUと合わせて、日産のターボ・イメージに対して”ツインカム王国”のイメージを創ります。
そうすると、ますますM-TEUの位置づけが、曖昧になってきます。

GX71マークⅡを例にだすと

最上級グレードの”グランデ”には

1G-Gを積んだ”ツインカム24”

M-TEUを積んだ”ターボ”

1G-EUを積んだ、ただの”グランデ”

とありました。

この3つの中では”ツインカム24”が一番装備水準が高かったのです。
トヨタ得意の微妙だけど決定的な差をうまくつけていました。

でも、たぶんエンジンのコストはMーTEUの方が掛かってますよ。
トヨタは、この頃には直打式のDOHCエンジンの自動組立ラインを確立していましたので、1G-Gはそれほどの手の掛かるエンジンではなかったと思われます。
それに対して、M型にターボチャージと水冷式インタークーラーを付けたM-TEUの方が、遥かに高そうです。

このM-TEUは、トヨタの”ツインカム王国”というマーケティングで、1GーGの影に隠れていましたが、結構な実力の持ち主で、AT同士なら1G-Gよりよく走ったと聞きました。
そして、1G-Gにターボチャージャーを2個くっ付けた1G-GTのデビューとともにカタログ落ちしました

よく位置づけの分からないエンジンでした

ハチマル回想録 T12オースター



私はハチマル車のカタログを眺めているのが好きなんです

1970年生まれの私からするとハチマル車は憧れの車なんです。
中学生くらいから、こんなドラマや


こんなアニメの影響もあり
車に興味を持ち始めました。
最近はハチマルブームといいますが、それは私の世代の人口が多いからじゃないでしょうか?

で、今日の話題にするのはこの車

T12 オースター


この車はP10 プリメーラの前身といってもいい車です
オースターと、オースターの兄弟車のスタンザが統合されて
この車がデビューしました。

P10は日産の”901運動”で生まれた車で
フロントマルチリンクサスペンション等の新機軸もあり
よく売れました。

今でも、P10について語る自動車評論家は見かけます。

「実用的なパッケージング」
「欧州車のように締め上げられて足回り」

このあたりが評価されている理由のようです。

しかし
上記の2点は既にT12オースターの時点で確立されていたことです。

でも、現在の時点でオースターについて語る自動車評論はありません(私が知らないだけかもしれません)

ですから、この車について語ってみましょう。
クラスとしては、同じ日産のブルーバードと同クラスになります

ライバルでいうとトヨタのコロナ
カローラとマークⅡの間ということですね。

今はミニバンが全盛ですのが、この頃はセダンが主流でした。

このクラスは、カローラ・サニーより広くてマークⅡ・ローレルより気取っていなくて実用的な車といった感じで、当時の平均的な4人家族で旅行に行っても十分な居住性とラッゲージスペースが確保されている

上の写真の150系コロナと
弟車カリーナはよく売れていました。

コロナ・カリーナは、この型からFFとなり、
マークⅡよりも室内も広いし
トヨタのFF車は、この頃から熟成も進みハンドリングよくなりヒット商品となりました。

今日の本題のT12オースターはどうかというと
この車はまったく売れませんでした!!
 ゚ 。 ,∧_∧ ゚。
 ゚ ・(゚´Д`゚ )。 
    (つ   ⊃ 
     ヾ(⌒ノ
      ` J


カタログの数値を比較してみるとオースターは150コロナと殆ど変りありません。

室内にいたってはオースターのほうが若干広いくらいではないでしょうか?

乗り味はどうかというと、この車はハンドリングに定評がありました
車の作りを見るとT12オースターは売れてもいい車のような気がします。

黒基調の内装

カクカクとしたダッシュボード
大変男らしい仕上がりです

しかし、この頃はソアラのヒットで”ハイソカー”ブームということもあって
この150コロナの内装のように場末のキャバレーを思わせる内装が人気でした。

このあたりが売れなかった秘密ではないでしょうか?

CMもで、CA18DETを載せた"Xtt"を前面に押し出しています。
そして”ヨーロッパチューッドサスペンション”を謳っていて非常にカッコいいですが、

このクラスの車の購買層は、はっきり言ってそんなことは、どうでもいいでしょう!!

このクラスで大事なのは実用性とお買い得感でしょう。

コロナ・カリーナにも3S-G・4A-Gを積んだ”GT”グレード”はありましが

インプレッサWRXやランエボが出る前の時代ですので
このクラスのハイパワーエンジン搭載モデルは非常にマニア向けのグレードでした。

ですから、オースターもCA18E搭載のXiを
前面に押し出した方がよかったかもしれません。

スポーツ性とかカッコよさを押し出してしまったので

当時トヨタはカリーナED
という非常に強力な商品がありましたので


実用性無視の4ドア。
スポーツセダンとしての出来はオースターのほうがいいのではないかしらん?


こちらに流れてしまったのではないでしょうか?

購買層のニーズを取り違えてしまったのが
売れなかった原因ではないでしょうか?

と書いてみたのですが
それが理由でしたら

兄弟車のスタンザは
売れても良かったはずですが、これも見事に売れませんでした。
売れなかったのは、当時の日産の販売戦略の失敗じゃないでしょうか?

いつかはクラウン


”いつかはクラウン”
このキャッチコピーは、120系のから始まりました。
このCM、改めてみると結構攻めていますね!
モーツァルトの40番にのせてバイクを抜いていくシーンが印象的でした。

今ではクラウンより車格の高い車も、いろいろ出ていますし、エコカーやミニバンが全盛で、良くも悪く車におけるヒエラルキーは崩れているような気もします。
”いつかはクラウン”と考えている人はあまりいないでしょうね

でも、私にとって120系クラウンは特別ですね。

車に興味を持ち始めた中学生の頃にデビューした車ですので、印象が強いです。
最近は、上級車といえばV8エンジンを積んでいます。
また、逆にダウンサイジングで、4気筒に過給器付きが一般的になっています
でも、私はこのクラウンのイメージで、高級車といえば理論上完全バランスする直列6気筒とフルフレーム構造いう想いは今でもあります。

免許と取ってから、友人の叔父さんから借りて、このクラウン(MS123)の乗ったのですが、5M-Gの低速トルクが凄いという以外は、あまり覚えていません。
このクルマは、印象に残らないほど下らないクルマという訳では、なくて”憧れのクルマ”に乗れたという想いが強すぎて覚えていなのでしょう。
それに、当時は、私自身も友人たちも走り屋クルマばかり乗っていたので、こういったクルマに乗っても、あまり良くわからないってのもあったと思います。

とくかく”ロイヤルサルーンは凄い!”というのが、私のインプレッションです

他にも、後期型アスリート(GS121)にも乗りました。
これは、あまりいい印象はないですね。

装備もロイヤルサールンよりしょぼかった

         \           ∧__,,∧ ゼェゼェ    / 
         \       (´・ω・;) ドゾー.  / 
.             \      ( o旦o )))     / 
                \     `u―u´.    /   ダレモ イナイ… 
    ∧__,,∧      \         /.|∧_∧ "ショボーン" スルナラ 
   (´・ω・`) ショボーン  \∧∧∧∧/|_|・ω・`)  イマノ ウチ… 
   (つ旦と)         <     シ  >|ショ|旦o ノ 
   と_)_)       < 予  ョ ..>| ̄|―u' 
               <    ボ  >"""""""""""""""""" 
──────────< 感 |  >─────────── 
チャーハン         <    ン  >         生後1年 
    作るよ!!    .< !!!! の > 
 ∧,,∧     .       /∨∨∨∨\        ∧∧ ショボン ショボン 
(;´・ω・)  .。・゜・⌒)/・ω・`)(´・ω・`\       (´・ω・) 
/   o━ヽニニフ))/´・ω・`)(´・ω・`)(´ \  ~(,,,ι,J 
しー-J       /(´・ω・`)(´・ω・`)(´・ω・\ 
          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|'.,\ 
        /『(´・ω・`)』詰め合わせ      .|/  .\


エンジンも低速トルクのスカスカのNAの1G-Gより、低速トルクが出ていて、それはいいのですが、加速するとジャージャーとうるさい!!

オマケに、カタログモデルの2000ロイヤルサルーンで、オプション扱いだった”ハードサス仕様”にないってる

このハードサスは、コーナーで粘るわけでもないのに、ゴツゴツと乗り心地だけ悪くなっている。

私の推測ですが、このハードサスはそれほど実走テストしていなくて、バネレートをノーマルの何%増という感じで作ったのではないかと思います。ダンパーの減衰力もそれに合わせてあげているだけ。(スタビはどうだったかな?)
もし、そうなら、ちゃんと実走テストして作られているであろうノーマルサスのほうがいいですね。

120系クラウンに乗るなら、2800か3000がいいですね

純正スポーツシート!!



80年代のトヨタのスポーツモデルのシートって
カッコよかったですね

こんなヤツ!!
これはセリカXX 2800GT(MA61)の前期型

たぶんセリカXXが最初じゃないでしょうか?
後期型のカタログを見ると
1ページを使って、シートの説明がされています

このシートは8ウェイシートといって
8箇所も調整ができる”優れもの”!!
特に、シートバックのサイドサポートが調整できるのが好きです。

その後、色々な車種に同じデザインのシートが採用されました。

ソアラは最初は
場末のキャバレーのようなシートでしたが、

2800GT Limitedが追加されると、このデザインになりました。
モノクロで申し訳ありませんが、
これは後期型3000GT Limitedの本革シート。
色はエンジのはず!!


4気筒のセリカ(60系)やコロナ(140系)も後期型になると
このデザインでした
”横Gを征するための正装”って、コピーがそそります


極めつけはGX71のGT TWINTURBOじゃないでしょうか!

4ドアに、このスポーツシートがついている!

当時、中学生だった私は、
カタログをみてシートは調整機構がいっぱいあるのがエライのだと思い、


MR2もデザインは違いますが
7ウェイシートを採用




トヨタのスポーツシートに、かなり憧れていました。
このシートの付いた、クルマの乗ろう。

セリカXX2000GT・コロナGTーTR・チェイサーGT TWINTURBOのどれかに乗るつもりでした。

ハチロクにも、このスポーツシートは採用されていましたが

私のハチロクは購入したときには、フルバケがついていました。
しかし、その前に乗っていた
TA61カリーナには
3ドアに乗っていました


解体屋で拾ってきて、コロナのシートを付けていました。
兄弟車とはいえカリーナはコロナと比べるとウエストラインが高いので、相対的に座面が低くなります。
そのせいか、めちゃくちゃ疲れる
でも、ハチロクやソアラに乗っている友人に聞いても、みんな疲れるといっていましたね。

憧れのサイドサポートによるホールド性は
カリーナの純正よりはいいですが、たいしたことなかったです。
でも、動くのはうれしかった!
要するに、このシートは、”超合金”等の玩具と一緒で
ギミックがついていて楽しいってことですね
調整って、あんまり意味ないような気がします

実際、RX-7(FC3S)のシートは、リクライニングと前後スライドしかなかったですけど、座った感じは、すごく良かった!!

では、このシートがついたモデルに、この先、所有することがあったら、

シートを替えるか!?
レカロをぶっ込むかっ!

            //:\
           / /::::::::\
          /  /:::::::::::::::\
        /  . /:::::::::::::::::::::::\
      /     /::::::::::::::::::::::::::::::::\
    /     . /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  /       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
             ∧  ∧      .\
       お    / ハ,,,/ ハ       .\
       断  γ'´       ヽ      .\
       り  /  ○    ○  |
       し {            .|
       ま-ゝ   (__人__)  ノ
     /す    > 、 _    _ィ
   /     ノ            \
  /  /   /´              ヽ
 /   r    |   \            \
/     ̄ ̄ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
 ̄ ̄) ̄) ̄)  ̄ ヽ ____ ̄ ̄) ̄) ̄) ) ( ̄) ̄) ̄))
~~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

替えません!憧れですから

R30スカイラインもいいなヾ(*´∀`*)ノ

車で走り回っていたら
凄いお宅を発見しました。
個人のお宅ですので写真の掲載はしませんが、
敷地が広い家で80年代の日産車が十数台おいてありました。

車種は

Z31

R31
R30でした。
U12が1台あったかな。

残念ながらどれも状態はよくなかったですね。
それで、私が気になったのはR30
R30といえば皆さんDR30。つまりRSを思い浮かべると思います(先の写真でRS載せてるんだもん(^_^;))
1台だけHR30があったのです。

HR30スカイライン


”GT”です。L型エンジンですね
後期型でした。
私はこの後期型のGTが好きですね
中学生の頃はスカイラインといえば”RS”で”GT"はローレルやセドリックにも積んでいる量産エンジンを積んだ安物だと思っていました。
でも、GTってクルマとして別にRSに劣る訳じゃないと今ならわかります。
GTが積んでいるエンジンはL型!

L型だったらL28改3.1LにすればRSなんか問題じゃないぜ!!( *`ω´)


  そういう問題じゃない
     (  ´・ω)
    γ/  γ⌒ヽ (´;ω;`)  ウッ…
    / |   、  イ(⌒    ⌒ヽ
    .l |    l   } )ヽ 、_、_, \ \
    {  |    l、 ´⌒ヽ-'巛(  / /
    .\ |    T ''' ――‐‐'^ (、_ノ
        |    |   / //  /



L型は言わずと知れた直列6気筒です。
直列6気筒は理論上1次・2次・偶力振動が0です。
それは、あくまでも理論上の話(クランクやピストンをオフセットした設計にしたり、増長な為”捻じれ”が出やすい)という方もいますが
実際に直列6気筒というエンジンは回転が滑らかでフィールがいいです。

”ツーリング魂”

まさにCMで言っている通りなんですよね
シャカリキになって走るのではなく車のフィールや道を楽しみながら走る車なんですね
こういった使い方をすればRSよりも適しています。

RSは4気筒ですし非常に荒々しいフィールですのでロングツーリングを楽しむといった車ではありません。
じゃ、RSの価値はといえば
この前期型のCMがよく表していると思います
パワー競争で勝つための車。
それはそれで当時、憧れましたし、RSは凄かった!!


R31になります”RS"はなくなり、6気筒の4バルブDOHCのRB20DETが載りパワーとフィールを両立した”GTS”が登場しました

前振りが長くなったけどロードスターも手放すし、あのHR30譲っていただけないかな?
HR30でロングツーリングに行ったら楽しいと思うんですよ

こんな曲でも聴きながらヾ(*´∀`*)ノ


美しいクーペ・・・(*´▽`*)



”流面系”のキャッチコピーで売った160系セリカ


そして、その兄弟車のカリーナED


コロナクーペ
この3兄弟のデザインってすごく秀逸だと思います(*´▽`*)

この3台ですと
私は1番売れなかったコロナクーペが1番好きですね(*´▽`*)

この後期型のCMを観ると
ドメニコ・モンドーニョの”Nel Blu, Di PintoDi Bul”と相まって

まさに”美しいクーペさえあれば”幸せと思えてきます



この歌なにを謳っているかということはこちらの動画を参照にしてね

2017年2月26日日曜日

この車から クルマが変わります

”最近のクルマは面白くないね”という声を聞くことがあります。
私はへそ曲がりですのでそう言われると
「そんなことないですよ」といって屁理屈をこねたりします。
でも、今日は最近のクルマは面白くない”という立場で演説をぶってみたいと思いますのでお付き合いください。
また、私のいうことは日によって変わりますので戯言と思ってお読みください。
では、いつくらいのクルマなら面白いのか?

やはりこの辺りくらいまでじゃないですか!

スカイラインGT-R BNR32
1989年8月デビュー!!


この年の10月にもうひとつエポックメイキングなクルマがデビューしましたよね

初代セルシオ
”この車から クルマが変わります”

このキャッチコピーに偽りはなかった!
当時、友人の叔父さんがクラウンから乗り換えて乗せてもらったのですが
そりゃ驚きました。
タイヤのロードノイズ以外は音がしないんですから(;゚Д゚)!
セルシオがデビューした頃のクラウンは130系でした。
クラウンもモデルチェンジするたびに進化してきましたが
セルシオはパラダイムを変えてしまった!!


翌1990年9月にもう1台すごいクルマがデビューしました

ホンダNSX

和製スーパーカー


この3台はクルマはあることを成し遂げたと思いいます。

それは

”欧州車を超えた!”


GT-Rはポルシェ911を

セルシオはベンツを

NSXはフェラーリを

性能面において超えてしまった!

欧州車は日本車とは自動車への文化の厚みが違うとか
感性に訴えかけるものがある等の意見も聞くこともありますが
数値化できる”性能”においては超えてしまった。


戦後、日本の自動車産業は欧州車に追いつけ追い越せでやってきたと私は考えています。

私が車に興味を持ち始めた中学生の頃(80年代半ば)自動車雑誌を見るといつも欧州車と比較していました。
そして、どれくらい欧州車のレベルに近づけたが車の善し悪しの指標になっていました。

でも、この3台の登場で日本車は目標を達成してしまった。

次の指標が立てられず今日まできているような印象があります。



他にも面白くなくなった理由とした

90年頃に車の性能が先進国の道路事情と人間の身体能力で制御できる範囲を超えてしまった。
それまでは技術の進歩はそのまま車の”走り”に関する性能の進歩でしたが、
これ以降は”走り”に関する進歩は必要なくなり
車の進歩は事故回避・疲労軽減等のドライビング・アシストに移行していった。

その他にも

グローバリズム




等あるのかもしれませんが、
日本車が面白くなくなったのは目標を失ってしまったのが大きと思います。


一つ興味深い(?)お話をさせて頂きます


トヨタは初代セルシオのデビューの2年後の1991年10月にびっくりするような上級セダンを発表しました((((;゚Д゚))))

初代アリスト!!
このデザインというかパッケージングには当時、度肝を抜かれました!

これまでの日本のセダンといえば
クサビ型のボディの上に富士山型のキャビンと”決まっていました”


当時の雑誌によるとアリストは世界最速セダンを謳って
ベンツのAMG等とタメを張れるクルマを目指して作られたそうです。

いくらビッグパワー・トルクを誇る2JZ-GTとはいえ僅か3リッターの排気量で欧州の強豪たちと高速域で張り合うためには空力特性を向上させる必要があります。

4ドアでもカリーナEDのように車高を低くすれば
前面投影面積が減らせるので空力はよくなるでしょうが
居住性は犠牲になりす。

居住性を無視して世界最速セダンもあったものではありませんし
それではあまりに芸がありません

そこで生み出されたのがこのロングキャビン・ハイデッキスタイル
ルーフを長くしてお尻を上げて整流効果を狙ったそうです。
この形により後部座席の居住性と荷室の広さも確保しました

それでいて、この流麗なスタイル!!

今までの日本のセダンというより
日本の車とは一線を画すデザイン・パッケージング

流石
ジョルジェット・ジウジアーロ


居住性・空力・スタイリングを破綻なく高次元で成立させてしまう!!

これこそ


”Gの美学”


そしてこれ以降

レクサス・オーナーの皆様はお怒りになると思いますが
レクサスブランドで売り出される4ドアセダンのデザイン・パッケージング
アリストの焼き直しでしかない!!

というか、パッケージングは同じで表皮のデザインを変えているだけ。
技術は年々進歩して性能は上がっているでしょうが
初代セルシオ・アリストのような”志”は感じられません。

皆さんはどう思いますか?